イモトのWiFiの顧客情報流出についてまとめてみました。

 

イモトのWiFiで知られるグローバルデータというサイトはエクスコムグローバルという会社が運営しています。このサイトが不正アクセスを受けて顧客情報流出の被害が出ました。

 

顧客情報流出のほかクレジットカード情報も流出し、最大で146,701件にのぼります。そのうち109,112件が確定済みです。クレジットカード情報・顧客情報流出とは具体的にはカード名義人名、カード番号、カード有効期限、セキュリティコード、申し込み者住所の漏えいです。

 

こうした顧客情報流出がおこったことで被害が心配されるのは過去2年間のレンタル利用者です。

 

イモトのWiFiで知られるグローバルデータ、または同じくエクスコムグローバル社のグローバルセルラーというサイトで海外で利用するための携帯電話やWiFiルーターをレンタルしたことがある方は利用した時期を確認しましょう。

 

もしクレジットカード情報流出、顧客情報流出の被害に該当していることがわかれば早めに対策をとる必要があります。具体的にはカード番号の変更をすることなどが考えられます。

 

なお、現在のエクスコムグローバル社は2012年8月までインターコミュニケーションズという社名でした。こちらの旧社名の時期にレンタルを利用した方も顧客情報流出の対象になる可能性がありますので確認が必要です。

 

ところで、イモトのWiFiのグローバルデータというサイト名によく似たグローバルWiFiというサイトがあります。このグローバルWiFiとイモトのWiFiのエクスコムグローバル社は関係がないので、グローバルWiFiの利用者については顧客情報流出の心配はありません。





カテゴリー : イモトのWiFiの気になる情報