海外にもスマホを持っていって現地で利用する方も多いのですが、そうした方の中にはかなりの高額請求をされてしまうケースがあります。海外でスマホを使って通信料が高額請求されてしまう原因を知っておきましょう。

 

 

海外でスマホを使って高額請求される原因のひとつが電話です。海外では電話をかけたときだけでなく電話を受けたときにも通話料が発生するということを忘れないようにしましょう。

 

また、一緒に渡航した相手とスマホで連絡を取り合うとします。その場合、電話をかけた側も受けた側も現地にいるにもかかわらず、日本を介して通話している料金が発生するので高額になってしまいます。

 

渡航先ではLINEなどの無料通話アプリを使って話すようにしておくと通話料が発生しません。

 

 

海外でスマホを利用して高額請求される理由のひとつとして、SMSの送信が考えられます。国際SMSの送信料は1通あたり100円かかります。海外滞在中はSMSの利用は控えてほかの連絡方法をとったほうが良いですね。

 

 

ただし、LINEなどを利用するときはパケット通信に注意してください。渡航先でパケット通信を利用するとパケ放題に申し込みをしていても定額の対象になっていない現地の通信事業者に接続されてしまう場合があるのです。

 

こうしたことが原因で海外でのスマホ利用料が高額請求されることを避けるためにはスマホの設定を変更しておくことが必要です。

 

スマホの設定のなかに機内モードというものがあります。この機内モードをオンにすると電波を受信したり発信したりすることができなくなるので課金される心配がないのです。そしてWiFiをオンにすると海外ローミングが使用されなくなるのでデータ通信ができなくなる、つまり課金されなくなり、高額請求されるような事態は避けられます。

 

こうしたことを考えると、海外でスマホを利用するならWiFiルーターをレンタルしていくのがおすすめです。いつでもインターネットに接続できるし、通信費用を安く抑えることができます。





カテゴリー : 海外でのインターネット