無料WiFiスポットを利用するときの注意点をまとめてみました。

 

無料WiFiスポットならどこでも良いというわけではありません。無料WiFiスポットを利用するときにまず注意することは、暗号化されていない無料WiFiスポットに接続しないということです。

 

暗号化されていない無料WiFiスポットはカギのアイコンがないのが目印になります。暗号化されていないWiFiスポットに接続すると不正アクセスやウイルス感染のリスクが高くなります。

 

安全な無料WiFiスポットを注意して選択するために、WiFiネットワーク表示画面で安全性を確かめましょう。

 

WiFiネットワーク表示画面に表示されるNone、WEP、WPAなどは暗号化の種類を表しています。

 

Noneと表示されているWiFiはセキュリティ対策が行われていないということなので接続しないようにしましょう。

 

WEPという暗号化がされている無料WiFiネットワークも注意が必要です。暗号化されていても解読されやすく、通信の内容が見られてしまうリスクがあります。

 

WPAと表示されていれば安全です。WPAという暗号化が行われている無料WiFiスポットを選ぶようにしましょう。

 

また、無料WiFiスポットを利用するときは個人情報や重要事項が書かれたメールやネットバンキングなどを利用するのはできるだけ控えましょう。

 

なかには接続してきた人の個人情報を盗む目的でネットワークのセキュリティを甘くして接続しやすくしているケースもあります。その場合、故意にセキュリティを甘くして外部から自分のネットワークに接続させ、その人の個人情報を盗もうとしているかもしれないのです。

 

国内・国外を問わず、無料WiFiスポットを利用するときは安心して利用できるよう、こうした注意を心がけてください。





カテゴリー : 海外でのインターネット